鳩よけ 剣山

鳩よけの剣山の上に巣が!収まらない鳩の被害!

剣山

鳩よけに剣山を使った対策というのは、割と手軽な方法で、多くの家のベランダに設置されているのを見かけます。

 

一般的な剣山は華道などに使われるもので、土台から細い針が何本も突き出ているもの。

 

鳩対策で利用する剣山も同じく針が突き出ていますが、華道などで利用する剣山よりは針が太く、大きなものです。

 

剣山を鳩が留まる場所に置いておくことで、留まる場所をなくす効果を狙っています。

 

しかし、鳩は場所に対する執着心がとても強い生き物。

 

絶対にここだと決めた場所には多少の障害など関係なしに留まります。

 

それがたとえ剣山であっても、隙間を見つけて留まったり、場合によっては剣山の上にわざわざ物を置いて巣を作ってしまうことも…。

 

 

確実な駆除を望むのであれば、業者に依頼

 

業者

正直なところ、剣山自体の効果はそこまで高くありません。

 

一時的に鳩を追いやる事は可能かも知れませんが、鳩が慣れてくるころには意味がなくなっていることが多いです。

 

どうしても鳩を駆除したいのであれば、業者に依頼するのが一番確実です。

 

その方が結果的に時間もお金も掛からない事が多いので、鳩に困っている場合は、一度業者に相談してみるのがいいと思います。

 

 

鳩対策 業者鳩駆除率100%の専門業者があります♪

 

 

駆除率100%の鳩対策施工

 

 

 

おすすめ鳩駆除業者『鳩トリック』

 

 

特殊なジェルで鳩を撃退!駆除率100%!

 

駆除率100%

世の中には鳩被害に困っている人は本当に多く、その分鳩駆除業者もたくさん存在します。

 

そんな中でも、おすすめの鳩駆除業者は『鳩トリック』。

 

特殊なジェルを設置する方法で、なんとその鳩駆除率は100%

 

施工すれば、絶対に鳩の被害はなくなるということです。

 

 

植物由来のスーパージェル・『B-ST』

 

鳩よけ,剣山

鳩トリックの鳩撃退方法は、『B-ST』という特殊なジェルをベランダに設置するという方法。

 

B-STは、植物が自己防衛の際に発する『鳩が本能的に大嫌いな匂い』を含有。

 

本能的に嫌いなので、鳩は絶対に近付く事が出来ません。

 

植物性のジェルなので、人体にも安全ですし、鳩も来なくなるだけですので、余計な後処理もありません♪

 

 

B-STは3年保証付き!安心の長期駆除!

 

3年間保証

この鳩トリックのB-STには、3年間の保証がついています。

 

効果自体は通常5〜8年ほどもちますが、何らかの影響で効果が薄くなってしまった場合でも再設置をしてくれます。

 

つまり最低でも3年、長ければ8年は、確実に鳩被害を抑えられるということですね!

 

 

見積もり無料!話だけでも聞く価値あり!

 

見積もり無料

そして更に、鳩トリックは見積もりが無料でもらえます。

 

頼むかどうかは別として、料金や効果など一度聞いてみてもいいかもしれません。

 

全国の病院や学校、駅などの公共機関でも導入されている業者ですので、安心してお願いできますね!

 

 

鳩の糞はアレルギーや病気の原因に!

 

鳩の糞は病原菌の宝庫!

 

鳩の糞

糞そのものではなく、それによって引き起こされる問題として、アレルギーや病気の発生などもあります。

 

糞の処理は割と軽視されがちですが、一度病気が発生してしまうと大きな問題に発展しかねません。

 

鳩そのものが寄生虫や病原菌を持っていることもありますが、糞が原因で発生・感染する病気もあります。

 

クリプトコッカス症やオウム病、トキソプラズマ症などがよく知られています。

 

 

鳩の糞は重篤な健康被害を引き起こす可能性が!

 

クリプトコッカス症は致命率が約12%あるとされていますし、妊婦がトキソプラズマ症に感染すると流産の可能性があります。

 

このほか、ハトジラミなどはアレルギーの原因にもなるため、糞による病気には注意が必要です。

 

最悪の場合、障害が残ったり、死に至るケースもありますので、甘く見てはいけません。

 

 

鳩の被害は早めの対応を!

 

上記のように手遅れになってしまう前に、早めの対応をすることが大切です。

 

鳩トリックは相談も無料で乗ってくれます。

 

鳩にお困りの方は、まずは気軽に連絡してみてはいかがでしょうかヽ(^o^)丿

 

 

ハト対策専門、鳩トリック

見積もり無料

 

 

 

鳩の生態を知ることは鳩対策の第一歩!

 

鳩の生態には驚きがたくさん!

 

鳩の生態

鳩の生態を知ることは、鳩の対策を行う上でとても重要な事です。

 

鳩の習性や行動パターンを正しく理解していれば、『無駄な対策』をしなくて済むからです。

 

実は一般的に知られている鳩対策には、鳩の生態や習性を無視したものも多く存在しています。

 

こういったものはいくらお金や時間を掛けて行っても、当然意味がないことが多いです。

 

鳩には、多くの人が知らない生態や習性があり、中には驚くようなものもあります。

 

鳩の生態を正しく理解して、正しく鳩を行いましょう♪

 

 

鳩の生態、一番の特徴は『帰巣本能』

 

鳩の生態・習性としてよく知られているのは、帰巣本能です。

 

動物の中には帰巣性を持つものがいて、自分の住処を認識して離れた場所からでも帰ってくることができます。

 

この帰巣性の中でも学習や経験からではなく、先天的に備わっているものを帰巣本能といいます。

 

つまり、生まれたときから帰る場所が分かっているのです(@_@)

 

伝書鳩やレース鳩などは、この習性を利用しています。

 

鳩の帰巣本能は非常に強く、500km〜1,000kmほど距離が離れていても戻ってくることができます。

 

鳩は地磁気や視覚、嗅覚などさまざまな情報を総合的に統合し、飛行した地形図を記憶しているとも言われています。

 

 

他にも様々な鳩の生態・習性

 

鳩 生態

鳩の生態・習性については、帰巣本能以外にも様々なものがあります。

 

例えば同じ動線で生活をしたり、マンションやビルなどの建築物に巣を作ったりするということも挙げられます。

 

同じ動線で生活をするというのはあまり他の鳥には見られない習性で、この習性があるために糞などによる被害が大きくなります。

 

マンションやビルに巣を作るのは、鳩の原種がもともと河原や崖などの岩場に巣を作っていたことが影響しています。

 

三方を囲まれた環境は安全性に優れているため、そういった場所を好んで巣を作ります。

 

こういった生態・習性は、鳩対策をするためには重要な要素となります。

 

鳩の生態・習性を考慮して対策をすれば、より効果的に被害を防ぐことができます。

 

鳩対策を行う場合には、鳩の生態・習性をきちんと学び、適切な対策ができるようにしましょう♪

 

 

鳩の縄張り意識と闘争本能について

 

鳩は実は闘争本能の強い鳥

 

鳩の本能

平和の象徴などと呼ばれている鳩を見ていると、人懐こくて温和な生き物に見えるかもしれません。

 

ですが実は、鳩はとても闘争本能の強い鳥!

 

街なかで餌を探しているときは大人しそうでも、自分の巣を外敵から守るためとならば、同じ生き物とは思えないほどの凶暴性を見せます。

 

そのことを知らずに鳩対策を行っていると、思わぬ危険に遭遇するかもしれません(+_+)

 

 

鳩はよそ者には容赦なし!

 

鳩は群れで行動する生き物です。

 

また鳩は一夫一妻制で、雄と雌は一生添い遂げることからも、仲間意識の高さが窺えます。

 

しかしその反面、鳩は家族や仲間以外の存在に対しては非常に強い敵対心を示します。

 

それは相手が同種の鳩であっても同じで、もしもよそ者の鳩が自分のテリトリーに侵入してきたら、闘ってでも追い払います。

 

 

巣を作られたら手を出すと危険!

 

鳩 危険

自宅や職場で鳩が巣作りしているのを見つけたら、慌てて追い払おうとしたくなるかもしれません。

 

しかし鳩は自分のテリトリーを脅かす外敵に対して強い闘争心を示します。

 

人間からすれば鳩のほうが人間のエリアに侵入してきた加害者なのですが、鳩にはそんな理屈は通用しません。

 

また、一度人間の生活エリアで巣作りをした鳩は人間を怖がらなくなってしまいます。

 

うかつに近づいて鳩を追い払おうとしたり、巣を壊そうとしたりすれば、当然鳩は暴れます。

 

鳩が羽ばたくことによって舞い上がる羽毛はダニやノミが含まれ、乾燥した糞にはさまざまな病気の原因菌が含まれています。

 

それらを吸い込まないためにも、鳩と対峙する時はマスク・手袋をして十分に注意しましょう。

 

なお、鳩に危害を加えたり卵や雛がいる巣を許可なく撤去したりすると、鳥獣保護法違反となります。

 

ですので自宅や職場で鳩の巣を見つけてもうかつに近寄らず、早めに保健所や業者に相談しましょう!

 

 

鳩のテリトリーへの執着心はすさまじい!

 

鳩は縄張り意識が強く、一度気に入って巣を作った場所はなかなか諦めようとしません。

 

例え巣を壊されても、再びやってきて巣を作ろうとします。

 

ですので、専門の駆除業者が鳩の巣を撤去した後は、鳩の侵入口を防鳥ネットで覆うなどの方法で鳩の飛来を防ぐのが一般的です。

 

鳩が飛来しなくなってしばらく経つと、ネットをはずしてしまう人がいますが、それは禁物!

 

一度鳩に巣を作られた場所は、他の鳩にとっても理想的なスペースに違いありません。

 

そのため、ネットを外すと同じエリア内に住む別の鳩がやってきて巣を作ろうとする可能性が高いです!

 

どうしてもネットを外したい場合は、別の対策方法を考える必要がありますので、専門業者に相談しましょう!

 

 

ハト対策専門、鳩トリック